GROUND SURVEY

地盤調査

Simple living

無駄を省いた快適なリビング
余計なものを削ぎ落とし、シンプルですっきりとしたお部屋を作りました。シンプルといっても、一歩間違えてしまうと冷たい印象を与えてしまいますが、生活感を払試しつつ温もりのあるモダンスタイルは株式会社OWLの得意なところ。配線や収納など隠すことで、シンプルなインテリアの居心地の良さを感じることができるのです。
家族それぞれがこの場所で、思い思いの時間を過ごしてもらいたいと思います。

CONTENTS_01
表面波探査法とは


地盤改良はあまりいらない?
地盤改良不要判定率88%

表面波探査法とは、地震波を利用して、地盤を損傷することのない非破壊検査で地盤調査を行なう工法です。非常に高精度の解析が行なえるため、無駄な地盤改良や杭工事を極限まで抑制できます。それにより重機を使用することで発生するCO2や、地盤改良材による土壌汚染も軽減するなど、コストカットとエコを実現できるのがメリットです。
項目を追加

夏でも底に冷たさをもつ青。

冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。 底に冷たさをもつ青いそら。 あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。あのイーハトーヴォのすきとおった風、夏でも底に冷たさをもつ青いそら、うつくしい森です。
底に冷たさをもつ青いそら。

深さ10mまでの地盤データが収集可能

微弱振動が高精度の解析を実現
微弱な振動を地面に与え、表面波(地震波)の速度と伝播状況を解析するのが表面波探査法の特徴です。ガレキやガラが存在しても、深さ10mまでのデータを収集できます。物理探査として国交省告示1113号にも記載されており、法的・確認申請上の問題もありません。また、住宅瑕庇担保責任保険各社の調査法にも、対応している調査方法です。
項目を追加

スウェーデン式サウンディング試験(SS式試験)との違い

Difference from SS formula
表面波探査法は全結果を数値で得られるため、個人差のない客観的なデータ収集が行なえます。深度10mまで高精度かつ確実に調査でき、安全・安価な基礎設計を実現できるのが強みです。もちろん、国土交通省の告示もしっかりとクリアしております。表面波探査法を用いた地盤調査をお考えの際は、群馬県富岡市のシミズ建興までお気軽にお問い合わせください。

CUT COSTS

大幅なコストカットを実現します
面的な基礎荷重に対する地耐力を、高精度で調査できるのが表面波探査法のメリット。住宅を支えられる強度があれば、地盤改良を行なう必要はありません。調査費用は従来のSS式試験よりも高額ですが、詳細かつ段階的に地盤を判別できるため、無駄な地盤改良工事を減少させられます。そのため、地盤調査・地盤改良にかかるトータルコストを、大幅にカットすることが可能です。

CONTENTS_02
RESEARCH METHODS

表面波探査法では調査を行なう建物の、4隅と中央の「5ヶ所」を測定する方式が採用されています。
集りは赤ん坊の拍手だい曲をゴーシュがおこっ次ないた。
ではしばらく元気うましにとって皿たない。
まじめますたのますはだするとおっかさんの生意気会のままへはぐるぐる勝手ましましで、おれまで孔を弾いれんだまし。
建物の4隅と中央の、計5箇所を同じ作業の繰り返しで調査します。1棟あたりの調査時間は約2~3時間程度。小雨程度であれば調査可能ですが、地盤面に水溜まりがあると調査不能です。アスファルトや砂利面には対応できますが、有筋コンクリートには対応できません。また、土質・水位は調査できず、幅の狭い現場の調査は困難です。
項目を追加

Simple living

無駄を省いた快適なリビング
余計なものを削ぎ落とし、シンプルですっきりとしたお部屋を作りました。シンプルといっても、一歩間違えてしまうと冷たい印象を与えてしまいますが、生活感を払試しつつ温もりのあるモダンスタイルは株式会社OWLの得意なところ。配線や収納など隠すことで、シンプルなインテリアの居心地の良さを感じることができるのです。
家族それぞれがこの場所で、思い思いの時間を過ごしてもらいたいと思います。

CONTENTS_03
住宅メーカー様へ


面的な荷重に対する、地層毎の支持力と予測沈下量がわかるため、
無駄な地盤改良・杭工事をなくします。

表面波探査法は地層境界を解析するため、各地層ごとの予想沈下量や許容応力度を調査できます。不同沈下の可能性をより詳細に予測でき、無駄な地盤改良や杭工事を施すことなく、安全な地盤状態の判断を行なえる点がメリットです。弊社のこの技術は、(財)先端建設技術センターの技術審査証明を受けておりますのでご安心ください。
項目を追加
半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
シミズ建興ではこれらの豊富なデータ解析により、不同沈下の可能性を極限まで正確・詳細に判断します。そのため、安全かつ必要十分な地盤対応策をお客様にご提案することが可能です。
項目を追加
半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
地耐力 (許容応力度+沈下特性)を報告します 
現場でのデータ収集後、2営業日以内に「速報」をFAXまたはメールにてお送りいたします。また、写真入りの製本された地盤調査報告書は、1週間程度で3部発送いたします。基礎判定基準は国交省告示1347号にもとづき、建築基準法に定められる「地耐力」を考慮した上で、具体的にご提案させていただきます。
項目を追加
半数以上がデザイナー
弊社の社員の約6割がデザイナーです。といっても色んな種類のデザイナーが在籍しており建築、家具、グラフィック、工業系と全てにおいてアンバランスな陣容です。
社内では好き放題やっております、クレドに記載されているとはいえギターまで持ち込んでます。できればコアタイムの演奏は、、、、。
地耐力とは
建築基準法では、地耐力とは許容応力度と沈下特性の両方を考慮すると規定されています。

【国土交通省告示第1347号より抜粋】
・20kN/㎡の場合
基礎杭を用いた構造(地盤の補強及び対策)
・20kN/㎡以上30kN/㎡未満の場合
基礎杭を用いた構造(地盤の補強及び対策)、ベタ基礎
・30kN/㎡以上の場合
基礎杭を用いた構造(地盤の補強及び対策)、ベタ基礎、布基礎
項目を追加

FLOW

地盤調査の流れ

CONTENTS_04

GUIDANCE

料金表・地盤保証のご案内
各種地盤調査の料金表、および地盤保証についてご紹介しております。現場の状況等によっても左右されますので、ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
日本庭園は思想や宗教に深く根ざしたものですので、その庭が何を表現するものかを見ることが大切です。極楽浄土を表した「浄土式庭園」、蓬莱神仙思想に基づく「蓬莱式庭園」、景勝地を庭に落とし込む「縮景式庭園」などがあります。
―料金表のご案内⑴
【地盤調査価格】 新築・戸建住宅一般用(地耐力調査)

※全国対応可能です(ただし、島しょ部および北海道全域は別途交通費を申し受けます)。
※1宅地:5ポイント測定(予定建物配置の4隅+中央部)
※測定ポイント追加の場合、+¥10,800(税込)/1箇所
※調査場所(急傾斜地など)や調査地の状況(除草・除雪が必要な場合など)によっては別途料金を申し受けます。
※地盤保証制度がございます(別途保証料を頂戴いたします)。
―料金表のご案内⑵
【同一物件の再調査価格】 新築・戸建住宅一般用 支持力調査(単位:kN/㎡)

※弊社において表面波探査で一度地盤調査を実施した物件に限ります。

―地盤保証料のご案内⑴
【宅地地盤保証「安住」】 
¥27.000(税込) 

すべての保険法人の住宅瑕疵担保責任保険と組み合わせできる10年間の地盤保証
表面波探査試験の結果に基づいて適切な基礎の設計施工を行なったにもかかわらず、
不同沈下が発生し建物に障害が生じた場合、建物と地盤の修復を行ないます。


※着工後は地盤保証のお申込ができませんのでご注意ください。
※地盤調査は表面波探査で行ない、地盤支持力・沈下量計算・基礎判定をビイック(株)で行ない、基礎考察書にのっとって工事を行なったものが保証対象となります。 
※保証申し込みは地盤調査申し込みと同時にお願いします。
※転圧地業写真集(掘削~転圧地業~砕石地業までの一連の写真)をご提出いただき、チェックを行ないます。
※地盤対策工法、地盤改良工事については工事報告書の提出と施工後の確認検査(表面波探査による再調査)が原則として必要となります。


―地盤保証料のご案内⑵
【住宅保証機構株式会社 地盤保証制度ご希望の方 
まもりすまい保険オプション】 ¥27,000(税込)  

…「まもりすまい保険」ご利用の方は、オプションとして、「地盤保証制度」にご加入できます。
基礎着工日より保障開始。保証期間満了日は建物引渡し日より満10年経過時です。

※着工後は地盤保証のお申込はできませんのでご注意ください。
地盤保証料は、「まもりすまい保険」保険料とは別に、住宅保証機構(株)が定める登録地盤会社(当社)にお支払いいただきます。 
※地盤調査費は別料金です(表面参照)。
※地盤調査報告書の「基礎考察書」に従って地業・地盤改良・基礎施工を行なっていただく必要がございます。
項目を追加

THE CATCH COPY

-THE CATCH COPY THE CATCH COPY-
項目を追加

CERTIFICATE

認定書

CONTACT
|お問い合わせフォーム|

シミズ建興へのお問い合わせはこちらのフォームからお気軽にどうぞ。